忍者ブログ

blog 切り絵 Juri Arie

「切り絵 Juri Arie」の質問への返答や新着ニュース、思ったことについて記載いたします。 本編はホームページなので、そちらもご覧下さい→ http://juriarie.hanabie.com

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただ今制作中

suiryubna.jpg





切り絵 Juri Arie ホームページへ


CIMG4055.JPG 現在制作中の作品です。
裏面に下絵を貼り付けて切っていますので
←は表から見たところ。
まだどういった構図かわからないですね。

私の作品の殆どが女性をモチーフにしたものですが。
最初にナイフを入れる箇所は決まっています。
白目の部分です。
これは小さいピースから切っていったほうが都合がいいので
なんとなくそうなったのですが 
今ではそうしないと気が済まなくなってしまいました。
その後大抵顔を切っていくのですが、ピースを完全に切り離してしまうと
鼻や口の部分をうっかり折り曲げてしまったりするので取り外さずに付けたまま。
大方切り終えたらピースも取っていきます。


次の制作記事へ
PR

完成 【白虎姫】

suiryubna.jpg切り絵Juri Arieのホームページへ







新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
作品はホームページでご案内しておりますので、上のバナーからどうぞ。

9b3894bf.jpeg 前回からの作品
完成しました。
タイトルは迷ったのですが「白虎姫」としました。
今年は寅年なので、良い年となりますようにと願いをこめまして。






制作中 寅

suiryubna.jpg切り絵Juri Arieのホームページへ








最近切り絵を作りたい衝動はあったのですが、
いざ下絵をかこうとするとイメージが浮ばず。

下絵のイメージは自転車に乗っているときとか、ボーっとしているときに浮んだりします。
切り絵を作りたいのにイメージがないときは白いスケッチブックをじーっと見てると浮ぶときもあります。

今回はイメージがなかったので、なにがいいかな・・・と考えてみると
「神」的なものを作りたいと思い、そして来年寅年なので寅にするかとこの構図を描きました。

CIMG4030.JPG











CIMG4031.JPGホームページでの切り絵の作り方の紹介では
下絵と画用紙をホッチキスでとめる方法を案内していますが
最近私はホッチキスを使わずにスプレー糊ではって切っています。
ホッチキスだと紙のあいだに空間が微妙にできてしまうので
細い線を切る際にずれたりして切り辛いのですが
糊ではるとぴっちり隙間がないので切り易いのです。
しかし、使う糊ははっても剥がせるものをつかいます。
私は「NORIKO」というスプレー糊を使ってます。
糊は下絵の表面に薄く吹き付けます。
厚くなってしまうと、カッターが滑って切り辛くなります。
表を貼り付けているので、下絵の裏面を切っていくことになります。
その際は表面が、カッティングマットと接するので、汚れないように注意します。

ああ~文章で説明するのが難しい~
↑多分わかりづらいですよね
まあ、出来ればいいので参考までに。

CIMG4033.JPG上切り終わり。
ひっくり返して表。
あとは裏から和紙を貼っていきます。









白虎姫 完成の記事へ

和紙をはる

切り絵Juri Arieのホームページへsuiryubna.jpg









和紙を貼りました。
CIMG4025.JPG花の花粉を黄色で
葉っぱの部分を適当に小さく切った緑の和紙を貼ってます。
結構面倒です。
でもこの作業は嫌いではありません。





CIMG4026.JPG表から見た状態。



葉っぱを張り終えたら、着物の部分を和紙を貼り
全体的に花びらの赤を貼って・・・・



CIMG4028.JPG

出来上がり!
しかし!着物部分を貼る時よく表を確認しなかったら、右手がずれて貼り付いてる~
本当はまっすぐな予定だったのに~

この後右下に消しゴム判子で名前を捺す。

ホームページにスキャナーで取り込んだデータでのせてます。
そちらもよろしければご覧下さい。

タイトル「狐火」

ただ今制作中 切り終えました

suiryubna.jpg





←切り絵 Juri Arieのホームページへ



CIMG4023.JPGようやく切り終えました~
いや~大変だった~
いつもは下絵から完成までほとんど1日で作り終えるのですが
今回はできませんでした。
細かいピースが多すぎて。
この構図は2年くらい前から浮んでいたのですが
面倒なので制作にはいたっていませんでした。
今回ある本を読んだ際またイメージができてようやく作ることに。
あまり男の人は描いたことがないのですが、
これは妖弧なイメージ。

CIMG4024.JPGこの花は椿でしょうか山茶花でしょうか、家の近くの街路樹を描きました。
これから和紙を貼っていきます。
これもまた大変。

決して私は面倒なのが好きなわけではないのです。
でも何故か作ってしまう。
なんでだろう。


「狐火」完成の記事へ

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
Juri
HP:
性別:
非公開
趣味:
自己紹介:
切り絵について、普段いただく質問等にお応えします。
お気軽にお尋ねください~

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析